スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年飼育データを更新しました

まずはこちらから


私も初参加です^^
当日は確実に仕事ですので18:30には間に合いませんが、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
次の日も仕事ですので最終の新幹線で帰ります・・・。

さて、タイトルのとおり2014年飼育データを更新しましたが、前記事でお知らせしたとおり、2014年ブリードは非常に厳しい結果となりました。
その事を踏まえて、興味がある方のみご覧ください。
2015年は頑張ります(笑)

また、昨年実施した能勢YG余品販売についてですが、飼育データの右端に「/」、「親」、「済」と表記のない空欄となっている個体に関しては、お譲りする事ができます。(一部「親」も可)
昨年の「余品販売」記事を書き換えてアップする予定で準備をしています。
血統背景には折り紙つきの個体ばかりですので、興味がある方はメールフォームからお問い合わせください。

2014年飼育データ

2014年ブリードデータ

2014年ブリード羽化報告

2014年ブリードの報告をさせていただきます。
結果から言うと惨敗でした・・・。マイギネス更新も当然なしです。

3本目の交換までは2013年と遜色ない経過を辿っていましたのですが、その3本目で湿度過多による菌糸ボトル劣化から始まり暴れ多発、マットを詰めたボトルや4本目の菌糸ボトルへ入れ替えを余儀なくされました。
酸欠も原因の一つではないかと思います。
完全にブリーダーの落ち度ですね・・・。

そんなブリーダーが足を引っ張ったにもかかわらず、大きく???羽化してくれた個体を紹介いたします。


2014年1番
84.3mm(80.5㎜×48.8㎜)…BM12-YG508
53.2mm(82.3㎜×50.7㎜)…BM12-YG605(BKダイヤさん2012年S1)

※少し白っぽく見えるのは使用している乾燥クヌギマットの粉です。
BM14-YG107
6/9  S3 初令投入
9/16  S3 16.7g
12/2  S3 19.3g
2/15  S4 18.0g
6/上  羽化確認

DSCF0105_convert_20150710191207.jpg
BM14-YG101
6/9   S3 初令投入
9/7   S3 32.8g
11/29 S3 32.7g
6/上  羽化確認
DSCF0096_convert_20150710191126.jpg
82mm(曽祖父)⇒80.5mm(祖父)⇒84.3mm(父)⇒84.6mmと微妙に親超えでした(笑)
※曽祖父82mmは2009年ビークワ準ギネス作出者FORESTERさん所有個体。祖父の80.5mmをFORESTERさんより購入。


BKBコラボラインの方は、kazさんとBKダイヤさんに期待します(笑)
6番で最終体重35.0gが良い感じに羽化しましたが1月と経たずに★に・・・。
他は自己ブリラインと同じでした。

その6番から82mmUp程度ですが、顎がやたらに長く真っ直ぐな個体を。

6番・・・BKBコラボライン
84.2mm…yasukongさん1210
53.5mm…yasukongさん1206
DSCF0117_convert_20150710191226.jpg


あとは2015年種親の87.2mmと86.9mmにもう一年頑張ってもらいます(笑)

追記・・・
神長きのこ園さんのHPでも紹介されていましたが、ビークワギネスが更新されたようですね。
何方がどの産地で更新されたのかは分かりませんが、能勢YG以外だとしても心からお祝い申し上げます。
そして、オオクワガタはこの先も能勢YGだけをブリードし続けることを再び宣言いたします。

2015年ブリードライン確定

ブリードラインが確定しました。

後は、孵化状況と最終セットの3番・6番が割出し待ちなので総数は確定していません。
採れなかった♀に関しては、再ペアリングや手法を変えての再セットなど出来ることはやりましたので、仕方ないと諦めました。

1番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  54.4mm(82.2×53.0)自己ブリ2013年4番

2番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  54.1mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番
 
3番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番 
  50.2mm(84.2×52.7)BKBコラボ2014年八番
   ※♀は強制早期羽化

4番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  52.5mm(85.7×53.4)ともさんブリード個体
   ※♀は強制早期羽化

5番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  47.9mm(85.2×53.0)ともさんブリード個体
   ※♀は早期羽化

6番・・・
  86.9mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番
  54.0mm(87.1×51.8)ワイドカウさん13YGA4

7番・・・
  86.9mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番
  52.4mm(82.5×50.5)waizuさん2013年10番

8番・・・
  84.2mm(83.7×53.4)yasukongさん1210
  55.0mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番

9番・・・
  83.5mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  51.4mm(80.6×50.4)自己ブリ2013年6番


過去最高の布陣で2015年ブリードをスタートします。

2セット目の割出し

昨日、2セット目の割り出しを行い、幼虫48頭+卵8個を回収しました。
これで1セット目と2セット目を合わせて幼虫だけで95頭ですから、何とか予定数を確保する事はできました。

また、半ば諦めていた4-Lから幼虫1頭に卵1個が採れましたので、ドルクス工房鍬さんでカワラ材を購入し、4セット目に投入しています。
1セット目はカワラ材で空砲ラッシュ、再ペアリングしグリードSL産卵ケースで産む気配がなく、自作バクテリア材で確保という経過でしたが、それにしても我儘な娘です(笑)
残したいラインなので、もう少し粘ります。
果たして「産まぬなら産ませてみせよう・・・」を体現できるでしょうか?


さて、以前より「謎のペアリング」と称して勿体ぶっていた♀達も我が家のエース87.2mmとペアリングをして幼虫を確保できました。
補強時にブログにアップしなかったのは、12月と1月羽化♀なので幼虫を採る自信がなかったから。
私の飼育環境やスキルはトップブリーダーさんより劣るのは自覚しているので、生体のせいにするのは後回しにしたいのです。

それでは、個体証明書をもって紹介させていただきます。



b_dan_uechan-img600x397-1430495948pnfq8515975_convert_20150622211913.jpg
※血統構成図の使用許可は、お譲り頂いたともさんにご快諾いただいております。

特に52.5mmは、88.1mmの同腹♀を母に持ち、ともさんが最後まで種親候補として残していた♀とのことでしたので、期待度はかなり高いと思います。
20頭の幼虫を確保できました。

その一方で47.9mmは、サイズこそ小さいものの血統背景は52.5mmに引けをとらないと思います。
何といっても、マサレッドさんのブログでアップされた時の♂親85.2mmの衝撃と、その85.2mmが、ともさんの所に渡ると知った時の記憶はしっかりと覚えています。
8頭の幼虫と6個の卵を確保できました。



2セット目で採れた幼虫のうち数頭ずつクワ友さん達の元へ里子として送ります。
幼虫販売ではありませんので、お問い合わせなきよう宜しくお願い申し上げます。

今組んでいる最終セットで採れすぎたら「販売のお知らせ」をさせていただくかもしれませんが、
その可能性は限りなく0に近いと思います。
何しろ「採れすぎて困った」例が過去に一度もありませんので・・・(笑)
≪PREVNEXT≫
プロフィール

バナマロ

Author:バナマロ
静岡県在住

※ご本家か信頼のおける有名ブリーダーより生体を入手しています。
※血統や産地を大切にします。

クワ友さんの新着記事
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
リンクバナー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。