スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になりました

2014年も残すところ数時間となりました。

振り返ってみるとオオクワブリードでは87.2ミリと86.9ミリが羽化してくれて大成功な一年でした。
去年の今頃は「85ミリオーバーが出てくれたら…」と半ば祈りに近い妄想を抱いていましたので…。
さすがに2年連続で上手くいくとも思えませんが、管理だけは最後までキッチリとやります。

2015年ブリードは87.2ミリと86.9ミリが種親になりますので勝負の年になるでしょう。
今後も能勢YGと神長菌糸で頑張ります^ ^
また、2014年羽化生体をお譲りさせていただいたブリーダーの皆様の元で大活躍してくれる事を願っています。

今年も一年お世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
それでは良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

2014年ブリードデータをUpしました

2014年ブリードデータをUpしました。
大したことはありませんので興味のある方だけご覧ください(笑)

昨年の羽化実績でいうとS4やS5の方が上でしたが今年はS3だけを使用しています。
来年も神長さんにお世話になりますので使用する菌糸を吟味したいと思います。

「ちょっとしたお遊びパート2」です。

題して「S3菌糸材」(笑)
「S3産卵ケース」と同様に綺麗に廻っています。

300記事目は補強♀紹介です!

ちょうど300記事目の節目にピッタリなネタがあって良かったです(笑)


それでは我が家にやってきた順に管理カードで紹介させていただきます。

waizuさんより

847系100%
2年連続で幼虫を採り羽化した個体で、1年目は86.7mmが羽化しています。


shimaさんより
P1030372_convert_20141202222841.jpg
847系75%
同腹では、グリーンさんの所で87.5mm、shimaさんの所で86.3mmが出ています。


ワイドカウさんより
P1030418_convert_20141202223040.jpg
847系100%
現ビークワギネス個体88.0mmと同配合とのことです。
♀親のサイズが51.8mmながら、息子達の羽化サイズは凄いです。
リストを拝見しましたが、凄いを通り越して笑ってしまいました(笑)


ちなみに♂の補強はありません。
我が家の2013年2番87.2mm・83.5mm、2013年3番86.9mm、yasukongさん1210番84.2の4頭2013年1番85.0mmの計5頭で頑張ります。
この他に、2013年2番84.9mm(翅パカ)と今年幼虫が採れなかった2012年6番85.2mm(866純血)を、予備♂としてスタンバイさせています。

これで来期の♀親は全部で12頭になりました。
45♂12♀で幼虫80頭+αなら流石に楽勝でしょう(笑)
ただ、産卵に関しては今まで楽勝だった試がないのが玉に瑕ですが・・・

来春までに組み合わせを決めます^^

12/6追記・・・打消し部と赤文字部を修正しました。

3本目への交換完了です!

3本目への交換が終了しましたが、まずはこちらから紹介させていただきます。


前記事の結びで「そして明日・・・」と意味深な事を書きましたが、その正体はこちらです。
P1030417_convert_20141202223015.jpg
見えませんね・・・。わかる方には分かるかもしれませんが(笑)
補強個体の記事の時に改めて紹介させていただきます。



強制早期羽化♀2号・・・

P1030427_convert_20141202223126.jpg
2014年5番(kazさん里子)・・・
80.6mm(yasukongさん858直仔)×53mm(BKダイヤさん2012年S1)
6/17  S3 初令投入
9/16  S3 14.3g
10/20 蛹化確認
11/7  羽化確認
※冷やし虫家がある実家に行くペースが10~15日に1度ですので、蛹化日・羽化日ではなく「~確認日」となります。

自然に羽化している♀もいるかと思いましたが、蛹室を作っている個体すらいませんでした。
それなのに、どういう訳か♂が2頭蛹化しています(笑)
♂用に冷やし虫家DXを2台使用し、♀用は冷やし虫家08を使用していて別管理しているのですが原因は良くわかりません。
♂の蛹化の原因は置いておくとして、これで強制早期羽化♀は2頭になりました。
補強♀や自ブリ♀も合わせると来年の幼虫飼育予定数80~90頭は楽勝でしょう^^
毎年そんなことを言って、その時になるとギリギリの数しか採れないというパターンだけは払しょくしたいです(笑)



次はいよいよ3本目への交換報告ですが、手書きのブリードデータを実家に置いてきたことに今気づきました・・・
というわけで、画像で報告させていただき追記という形でデータを記載します。
もっともデカくないのでサラッと紹介するだけで良いのかもしれませんが、そこは今までどおりに行います(笑)

まずは我が家の最大個体から
P1030403_convert_20141202222952.jpg

つづいて2番手です
P1030402_convert_20141202222928.jpg

最後に♀最大個体です
P1030422_convert_20141202223437.jpg
チン線がないのを確認していますが・・・
もし♂なら「間違いでした」というタイトルで記事を書きますので笑ってください(笑)


巷では大きな幼虫がゴロゴロと出ているようですので、羽化サイズで離されずにというのは厳しいかもしれませんね・・・(汗)
まぁ、3本目の伸びに期待しておきましょう(笑)


次は「地中のオオクワ300記事目(記事番号300)」となります^^
プロフィール

バナマロ

Author:バナマロ
静岡県在住

※ご本家か信頼のおける有名ブリーダーより生体を入手しています。
※血統や産地を大切にします。

クワ友さんの新着記事
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
リンクバナー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。