スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛹体重25g⇒羽化サイズは?&種親越え

5月2日の記事で紹介した25gの蛹ですが、羽化後1ヶ月以上経ちましたので計測しました。

コメントを下さった皆さんの予想を纏めると80~83でしたが、果たして何ミリで固まったでしょうか(笑)











P1020563_convert_20130621211051.jpg
YG-519
9/13  25.7g
12/14 28.9g(暴れのため交換)
4月中旬  蛹化確認  蛹体重 25.0g
5月中旬  羽化確認 (実家での計測は常備してあるクワノギスで行っています)


蛹体重からしたら今一つですが、最終体重から考えると良い感じですね^^






この5番ラインは大体掘り終わりましたが、最大個体はこちらになると思います。


P1020545_convert_20130621210956.jpg
YG-508
9/8   22.7g
12/20 31.5g(暴れのため交換)
4月下旬  蛹化確認  
5月中旬  羽化確認 (自宅に連れ帰りデジパで計測しています) 


この5番ラインは、♂親(80.5mm)はForesterさん
♀親(48.8mm)はyasukongさんからお譲りいただいた個体です。
悩みに悩んだ挙句に決めた組み合わせですし
何よりも欠番になってしまった2012年2番に近い組み合わせなので凄く嬉しいです^^

♂親も♀親も2012年ブリードラインの中で最小個体だったのですが
沢山の卵を産んでくれて我が家で1番の成長ラインになってくれました。
ただ、同腹♂は良くて82mm台なので1頭だけ頭抜けた個体ということになりそうです。

去年の実績と比べると出来過ぎなのですが
「欲を言えば83mm台が1~2頭出てくれると良かった」と
贅沢な事を考えている自分がいました…(汗)
なんとも罰当たりな…(大汗)






そして2012年1番ラインからも納得できる個体が羽化してくれました^^

P1020558_convert_20130621211027.jpg
YG-114
9/20  26.1g
12/20 27.4g
4月下旬  蛹化確認  
5月下旬  羽化確認 

この先、縮んだとしても82mm後半は余裕でキープできるでしょう(笑)
たとえ83Upしなくても種親超えになりますし
父親に似て顎が真っ直ぐでサイズを稼ぐには十分なスタイルをしているので感無量です^^
1番は掘り出し待ちが2頭いるので凄く楽しみにしています。


里子していただいた個体で85Upも嬉しかった事は間違いありません。
ただ、自分がワクワクする組み合わせを考えブリードした結果、
納得できる個体が羽化してくれた事がこの上なく嬉しいです^^

7月3日追記・・・
赤字打ち消し部を訂正しました。
スポンサーサイト

予定数終了・・・の予定(汗)

前記事と日が前後しますが、14日に2回目の割り出しをしていました。


8日の割り出しで自己ブリ分71頭を確保し10日にkazさんより里子が10頭届いているため
現時点で計81頭の幼虫を確保しています。

あとボトルが19本余っているので、それくらい採れれば十分なのですが…

P1020519_convert_20130615221857.jpg
84.9mm(Gullさん2011年7番)×54mm(BKダイヤさん2012年S1早期羽化)
1週間セットで15頭も産んでいました^^



P1020520_convert_20130615221941.jpg
82.2mm(yasukongさん2010年2番)×予備♀51mm(BM11-YG105)
同じく1週間セットで3頭???



2ライン合計で18頭!!

「目標達成!」と喜びたい所ですが・・・

まさか、こんなに採れるとは思っていなくて
もう少し幼虫が欲しい♀達を、更に2セット組んでいました(汗)

もちろん速攻で解除したのは言うまでもありません(笑)

しかし、すでに1週間が経過しているので手遅れかもしれませんね・・・

割り出しが楽しみ半分、恐怖半分です(笑)



割り出しのついでに再度測ってみました^^
P1020512_convert_20130615221800.jpg
能勢YG血統BM12-YG601(BKダイヤさんS-1ライン)
こうして見ると画像が暗いかもしれません(汗)

P1020474_convert_20130615235627.jpg
左)852 右)今年の種親849


羽化から1ヶ月たった個体を掘り始めていますが、今のところサプライズは当然ありません(笑)
我が家の5番に淡い期待を寄せています^^

冷やし虫家内の棚について

今日は、ブログのコメントやメールでお問い合わせがあった、冷やし虫家の棚について書かせて頂きます。

自分がオオクワブリードを始めた頃に、諸先輩方のブログやHpを拝見し色々と調べていたのですが、その時に温度管理の重要性を知り、冷やし虫家(当時ワインセラーも候補だった)の購入を考えました。

そして、「どうしたら直接積み重ねずに沢山管理できるだろうか?」と調べている時に、Mさんのブログに紹介されていた棚を見て「これだ!」と思い、冷やし虫家を入手した後に購入した商品になります。

「これだ!」と思った商品はこちら
P1020521_convert_20130615222003.jpg
(株)伸晃 キッチンシンク下フリーラック伸縮タイプ 品番:VR-EX
※画像は我が家の物です。

幸いにして近所のホームセンターで2,000円弱で購入する事が出来ましたのが、通販だともう少し安いようです。


我が家は1台の冷やし虫家に800ccボトルだとMAX40本、1400ccボトルだとMAX24本を入れています。
(いつもMAXにしている訳ではありません)


「800ccを40本は入れすぎでは?」とお思いの方もいる事でしょう。
実際に温度ムラや酸欠等のリスクはありますが、今回は収納についてだけ書かせて頂きます。
勿論、それなりの対策はしていますよ(これは秘密)


冷やし虫家の中に棚をセットした状態で、「蓋の形状がタイペスト紙+蓋のボトル」なら中段と下段は800ccボトルが最大で15本ずつ計30本、上段は10+α本入りますので、合計で40+α本を1台の冷やし虫家に納める事ができます。
P1020525_convert_20130615222120.jpg
下段に800ccボトルを縦に3本と横に5本入れたところ


ただし、「スポンジフィルターの蓋を使用しているボトル」では高くなってしまうため、この方法は不可能となります。
当然、1100ccボトルも不可能です。
P1020522_convert_20130615222023.jpg P1020523_convert_20130615222042.jpg
ちなみに上段と中段は入ります。


ちなみに我が家の飼育上限を100頭に設定しているのは、1本目の800ccボトル100本を3台に冷やし虫家に入れ、2本目と3本目は♂用冷やし虫家2台(1400ccボトル計48本)と♀用冷やし虫家1台(800ccボトル40)の合計88頭(1本目★率10%を想定)という根拠に基づいているからです。


分かりずらい説明ですみません…(汗)


最後になりますが、これはあくまでも我が家の場合ですので参考程度にして頂けるとありがたいです。
もし同様の方法を取られる場合、当方は一切の責任を負いませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。

山の幸^^

kazさんより山の幸が届きました^^




とは言っても、当然食べ物ではありませんね(笑)

P1020510_convert_20130611212618.jpg
10頭の幼虫を里子していただきました^^

この幼虫たちの種親はこちらです。

kazさんがyasukongさんから購入した858直仔の80.6mm×50.4mmから採れた幼虫です^^

そして、このラインはBKダイヤさんの所にも届いているので、3人で同じラインの幼虫を育てる事になります。
それぞれ違う環境で、どのように育っていくのでしょうか?
kazさんのお陰で楽しみが増えました^^

kazさん、この度はありがとうございました。
大切に大きく育てられるように頑張ります^^

割り出し結果発表!

第1回目の割り出しが終わりました^^


飼育予定数100頭(kazさんからの里子、BKダイヤさんとのコラボ含む)

産卵セットした♀の数・・・8頭(BKダイヤさんとのコラボ♀含む)
幼虫を確保できた♀の数・・・4頭(BKダイヤさんとのコラボ♀含む)
採れた幼虫総数・・・81頭(BKダイヤさんコラボで-10頭)
割り出し待ちの産卵セットの数・・・2

8♀を使って2週間セットを組めば100頭は楽勝と思い、
如何に100+αで済ませるかに主眼を置いていた事が仇になりました…(汗)
後は割り出し待ちのセット頼みです^^

相変わらず幼虫を採るのが下手ですね…

しかし、悪いことばかりではなくラッキーな事が2つありました^^
その1・・・71頭なら冷やし虫家2台で済むため、羽化後間もない1軍を虫家管理できる。
その2・・・我が家の場合、2週間セットだと材の本数に関係なく20頭の幼虫が採れる事が分かった。


ラインナンバーや飼育頭数の詳細につきましては、全て揃ってからUpさせていただきます。


来年の自分へのメッセージ・・・幼虫は採れ過ぎて困ろう(笑)
NEXT≫
プロフィール

バナマロ

Author:バナマロ
静岡県在住

※ご本家か信頼のおける有名ブリーダーより生体を入手しています。
※血統や産地を大切にします。

クワ友さんの新着記事
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
リンクバナー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。