スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5万ヒットでした^ ^

本日、5万Hitを達成しました^^

平成22年9月6日にブログを開設しましたので
ここまで2年半を要したことになります。

相変わらず楽しいブリードライフを送ることが出来るのは
支えてくれた家族やクワ友さんのおかげだと思います。
いつも有難うございます。

今後とも「地中のオオクワ」をよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

能勢YG種親紹介~final~

前記事のシークレット個体を紹介させていただきます。


こちらです・・・

Gullさん能勢YG2011年15番51mm(847系)


来季の組み合わせを考えている時、Gullさんに「849に掛けたら面白そうな♀はいますか?」と伺ったところ
同腹で85Upが3頭出ているラインの♀を提示してくれました。

この♀を勧める理由について記事にUpする承諾を頂き忘れたので書けませんが、非常にワクワクしてしまう内容で即決してしまいました(笑)
良く考えたら記事にすると自分にプレッシャーが掛かりますね(謎)

 ※この紹介をもって前記事のシークレット部を変更しました。

849にアクシデントがあったとしても822ラインでフォローします。
そして次世代(2015年)の組み合わせの事は一切考えずに当てにいきますよ^^

2013年組み合わせ(案)


来季の組み合わせを色々と考えています。


普段はあまり考えずに自分がワクワクする組み合わせを選択するのですが
今回は種親も揃っている事ですしサイズに拘りたいです。

ひょっとしたら変更するかもしれませんが備忘録的な意味合いも含めてアップしておきます。


A:84.9mm(Gullさん2011年7番)  
  同腹で86.1mm、アベレージは84Upの驚愕ライン
  この♂は外に出た兄弟の中で最大級のようです(大汗)

 a:52mm(ワイドカウさん2011年Fライン)  
  虎壱さんからの里子成虫

 b:51mm(BKダイヤさん2012年S1早期羽化)
  BKダイヤさんからの里子成虫(866直仔インライン強制早期羽化)
 
 c:51mm(Gullさん2011年15番)
  マサレッドさん9年2番と866同腹の子にして同腹で85Upが3頭羽化している




B:82.2mm(yasukongさん2010年2番)  
  86.6mmの直仔(2012年種親)
  凄く思い入れのある個体なので何とか当てたい

 d:53mm(Gullさん2011年7番)
  今回はインラインやりません

 e:51mm(FORESTERさん2010年1B) 
  2012年の2番(欠番)♀去年のリベンジなるか?
   ★になりました(3/21)

 f:50mm(BM11-YG305) 
  E♂と同腹

 h:47mm(eと同腹)
   BKダイヤさんから里子幼虫を強制早期羽化
   e:51mmの★にともない下の組から変更(3/21)


次から1ライン作るかも?

C:82.1mm(BM11-YG103)B品  
  軽微だが羽パカと顎ズレがあるので厳しいか?

D:80.5mm(FORESTERさん2010年4A)  
  我が家で一番大きくなっている2012年5番ラインの♂親
(2012年種親)

E:80.4mm(BM11-YG303)  
  №1候補 

 g:51mm(BM11-YG105) 
  Cと同腹

  
 
※この他にコラボ予定の♀あり


我が家は冷やし虫家3台体制なので100頭がせいぜいでしょう。
現に菌糸ボトルも100本しか予約していませんしね…
飼育総数は増やさずに厳選します。

3つの感謝

その1…

和室の畳が経年劣化してきたので、畳表を交換してもらおうと去年の暮あたりから情報収集をしていました。
やはり安心できる国産が良かったのですが、中国産にくらべて国産は当然高くなります。
しかし、子供たちのために国産畳という結論に達し、ネットで調べるうちに静岡県中部の畳屋さんと出会いました。

我が家は静岡県東部になるので県中部からは距離もあるのですが、快く引き受けてくれました。
出所の明確なイ草を使用し、素人にも理解できる説明とアドバイス、低コストと何一つケチのつけようのない信頼出来る畳屋さんでした。

新しい畳の香りは良いですね^^
○藤畳店さん有難うございました。


その2…

ここからはクワネタになります(笑)


我が家のクワ用ノギスはミツトヨの700シリーズデジパを使用しています。
普段は自宅に置いてあって必要な時に実家に持っていくのですが、忘れてしまうこともしばしば…(汗)
予てから実家用にもう1台欲しいと思っていました。

オオクワキングさんで、人工蛹室と18gの黒糖プロテインゼリーを購入するついでにクワノギスを購入しました。
ただ、通称「クワノギス」と言われているロングジョウデジパですが誤差は±0.5mm、
既に所有している700シリーズデジパは±0.2mmと精度が低くなってしまうのが唯一の気がかりでした。

2つの差がどれくらいあるのかと比べてみたところ…


ピッタリでした^^


その3…

我が家では種親達を起こしていますが、冬眠セット以来のマットの交換をしました。
12月2日から2カ月以上が経過していたのでダニが湧いているかと種親達を確認しましたが…

P1020384_convert_20130216212202.jpg
P1020387_convert_20130216212245.jpg
P1020388_convert_20130216212319.jpg
広葉樹マットでもダニは皆無でした^^


おまけ…

良い事ばかりではなく、♀の暴れボトルを発見したのでマットへ交換しました。
あと2週間ほどで♂の加温を開始しますが暴れずに蛹化してほしいものです(笑)

2013年能勢YG種親紹介

先月末に画像だけ紹介した個体のベールを脱ぐ日がやってきました。
とは言っても冬眠から目覚めただけですが…(汗)


今年は補強をせずに自前で行こうと思っていた決心を一蹴するほど
物凄い能勢YGのペアです。
まずは画像をご覧ください。

P1020367_convert_20130213184154.jpg
♂は84ミリアップです。
(写真の心得がないので個体の迫力をお伝えできないのが残念です)

P1020374_convert_20130213184231.jpg
同腹♀も53ミリあります。


このペアの正体は…




Gullさん2011年能勢YG7番ラインの84.9mmと53mmのペアでした。
7番-16♂は4番目(同サイズあり)に大きい個体となります。
エバクワさん、予想は当たりましたか?

今さら言うまでも無くGullさん2011年能勢YG7番ラインは
86.1mmを筆頭に85mmが2頭、84mmが5頭羽化していて
アベレージも84mmUpという圧巻のラインです。


デカイ種親を入手したからといって結果が着いてくる訳ではないことは
重々認識しています。
それでも幼虫さえ採ることができれば十分楽しめますしね^^


この♂と去年使用したyasukongさん2010年2番の82.2mmを
メインに今年は楽しみますよ。
NEXT≫
プロフィール

バナマロ

Author:バナマロ
静岡県在住

※ご本家か信頼のおける有名ブリーダーより生体を入手しています。
※血統や産地を大切にします。

クワ友さんの新着記事
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
リンクバナー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。