スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストチャンス

かっつさん、BKダイヤさん、ラダ夫さんとリンクをさせていただきました。
お三方、よろしくお願いいたします。



オオクワブリーダーさんの多くがボトル投入にひと段落ついたころだと思いますが、
我が家では久留米オオクワさんの幼虫を採るべく足掻いています。

当初26日からセットに投入予定でしたが、
あるお方のアドバイスもあり22日に投入していました。
そして今日で8日目、ゼリー補給を兼ねてケースを開けました。



先ずは卵確認するも消えてしまったマツノ3番♀から
マツノ3番最終セット


次は、やはり卵確認するも消えてしまったMK9番♀
Mk9番最終セット


最後は、齧りっぷりは最高!でも「産卵痕に卵なし」のマツノ56番
マツノ56番最終セット




今回はDRさんのBL材(やや軟目)を使用し材をマットに埋めました。

3♀とも齧ってくれていましたが、やはりマツノ56番の齧りっぷりは凄いです!
それぞれの齧り方にも特徴があって面白いですね^^

出来る事なら自分で選んだ久留米オオクワさん達の幼虫を育てたいです^^
3ラインで40頭くらい採れれば良いので5日辺りまで齧って貰います。

この♀達の子供が採れるかどうかで、「久留米幼虫を補強するか?」
「来季の種親をもう一発補強するか?」が変わってきます。

産卵失敗した時にアドバイスをいただき、
♀の補強を検討しましたが♂に原因があったらダメですし、
即ブリペアの購入ですと費用が嵩んでしまうため見合わせました。
どうしても目が81mm以上に行ってしまいますので…(汗)


いずれにしても結果が出るのは7月下旬になります。
スポンサーサイト

King到来!!

現在、再ペアリング中の久留米産オオクワ達ですが、
顎縛りをしている事もあり事故もなく進んでいます。

さて、今日の記事は来季の種親紹介なのですが、
まだ今季のブリードに成功していない自分がアップするのも
どうかとも思いましたが、恥じることなく紹介させていただきます(笑)

来季は能勢YGのみをブリードしますので、
補強する種親は能勢YGが対象となります。


それでは、我が家のKingを紹介させていただきます。
先ずはこの画像をご覧ください

866直仔♂
♂は82mmUpです。

お尻の部分が完全に写っていませんが尻出しではありません。
また、実物の方が遥かに迫力があり格好も良いです。

866直仔♀
♀は51mmUpです

51mmとは思えないほど大きく迫力があります。


そして、このペアの親虫情報とお譲りいただいた方ですが…










血統証明書


この子たちはyasukongさんからお譲り頂いた
現ビークワギネス86.6㎜の子供たちになります。


思えば、去年の10月に「御本家から能勢YGを補強する」と
心に決めてから、この日が来るのを待ち望んでいました。
今は嬉しい気持ちで一杯です。

また、同じタイミングと同じタイトルでKazさんが種親紹介をしています。
すでにKazさんとは幼虫トレードをする事が決定しておりますので、
ラインバリエーションも広がっていくと思います。
楽しみは増すばかりです^^


yasukongさん、この度はありがとうございました。
「○○ちゃん」の子孫を大切にブリードしていきます。

不在のおしらせ

今日から20日の午前中まで留守をします。

これに伴い、リンクさせて頂いている皆様のブログへコメや

自身のブログ記事の更新ができないと思います。

悪しからずご了承ください。



ブリードは失敗ばかりすが、テンションは変わりませんし諦めてもいません。

また、この日を一日千秋の思いで待ち焦がれていたX-dayもやってきますしね!




その前に今の自分に出来る事をしてきます^^

1から出直します

前回の記事では色々とアドバイスをいただきまして
本当にありがとうございました。

日頃から懇意にさせていただいてるクワ友さんや
面識のない方まで「里子しますよ」と言っていただき感謝の気持ちで一杯です。

しかし、今回ばかりはこの有り難いお申し出を辞退させていただきました。
その理由ですが、今季にクリアしておかないと来季も同じ失敗をしてしまいそうですし、
クワガタとはいえ縁あって我が家に来た親虫たちの子供を残したいという
思いがあります。

来年は能勢YGだけをブリードするつもりで準備をしていますので、
この親虫たちの子供を残す事ができるのは今年が最初で最後になります。


今思えば素人の私が諸先輩方に交じって予定どおりに
幼虫を採ろうなんて、思い上がりもいいところだったのかもしれません。

現にハイパーニクウスバ材を使った2セット目からは
卵を見つける事が出来ませんでした。
マツノ3番、メルリン9番の卵は1セット目に確認していますが、
マツノ56番からは再ペアリングしたにもかかわらず一度も確認できていません。

このような状況から1本目6月投入を諦めてもう一度ペアリングを開始しました。

6月9日~14日  MK9×マツノ3番・マツノ39番×56番のペアリング
6月15日~20日 MK9インラインのペアリング
6月26日    産卵セット投入(ホダ材を使用)
7月6日     産卵セット解除
7月24日    割り出し→ボトル投入

これでもダメな時には非常に残念ですが諦めます。

意地っ張りなド初令ブリーダーの長文に
最後までお付き合いいただきありがとうございました^^


※誤解を招くといけませんので…

この記事は、あくまでも私自身の価値観であって、
ご覧頂いた皆様に私の価値観を押しつけるつもりは決してありません。

ですから、皆様は各々の価値観でブリードライフをお送りくださいね^^
皆様が独自の価値観で書かれた記事を楽しく拝見させていただきます。

沈没!!!

前記事の結びに、明日の記事は「爆産!!!」か「撃沈!!」のどちらかでしょう…
なんて書いていましたが、誰がこのような結果報告を予想したでしょうか?

再ペアリング後に投入していたマツノ56番はともかくとして、
卵を確認していたメルリン9番とマツノ3番までも幼虫に出会えませんでした…


1番の原因はホダ材の加水過多による卵腐れだと思います。
このように♀に原因があるというより、自分の落ち度でこのような結果に
なったのでしょう。(雑虫もいませんでした)

そして今日、メルリン9番とマツノ3番は2セット目のハイパーニクウスバ材から
3セット目のホダ材に変更しました。加水過多にならない様に気をつけて…
(マツノ56番はセット解除)

2セット目の割り出し予定が月末で、6月ボトル投入リミットになると思います。
3セット目はどの位齧らせるかは材の様子を見ながら行います。


来季のためにも自己ブリ幼虫が採れるよう、ポジティブに頑張りますよ!
NEXT≫
プロフィール

バナマロ

Author:バナマロ
静岡県在住

※ご本家か信頼のおける有名ブリーダーより生体を入手しています。
※血統や産地を大切にします。

クワ友さんの新着記事
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
リンクバナー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。