スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2セット目投入

1週間休ませていた♀達を2セット目の産卵セットに投入しました。

1セット目のホダ材を確認したところ、あまり産んでいません…(大汗)
カワラ材の方は堅かったので確認していませんが、少し不安になってきました。
杞憂で終われば良いのですが…

幼虫採りに苦労されている方が多いようですが、
初心者である自分の場合は
「ブリーダーである自分のやり方に問題があるのではないか?」と
考えました。

1セット目の方法と状況は…
①冷やし虫家の設定温度は27℃(実際には25~6℃台)
②湿度は70%程度
③冷やし虫家の中にはコバシャ中3ケース(産卵セット)のみ
④冷やし虫家の窓は塞いでいた
⑤冷やし虫家は2~3日に一度の換気(1週間に1度のチェック)
⑥ホダ材(A2L軟目)とカワラ材の2本使用
⑦地下室は人の出入りがほとんどない(1日1回、10数分程度)
⑧セット期間は3週間
⑨♀はホダ材を主に齧っていた
⑩ダミー痕多いが卵も少しだけ確認(56番は未確認)

う~~~ん…、何ででしょうか…?
ホダ材が水分を含み過ぎ?
♀が産卵をしたい環境を作れなかった?
同じスパンの換気で菌糸ボトル内の幼虫は暴れなかったので
酸欠ということは無いでしょうし…

原因が特定できないので解決策も出ません…

また、前回の記事で「気が変わるかもしれません(爆○棒は使わないかも?)」と
記載していましたが、この状況ではとてもじゃないけど使えません。

そこで、いっそのこと環境を変えてみることにしました。

①自宅の簡易温室で管理(わんぱく娘×2いるのはリスク要因か?^^;)
②設定温度は27℃
③湿度は60%台
④セパレート小にハイパーニクウスバ材Lを1本使用
⑤(発泡スチロールにコードの穴が2か所開いているので)
 週に1回ゼリー補充を兼ねてチェック
⑥2週間セット

まだ6月のボトル投入は間に合いますので、
♀達にはもう一踏ん張りしてもらいます。

P1000865_convert_20110525215652.jpg

さあやるぞ!絶対に採る!!←自分に発破です(笑)
スポンサーサイト

産卵セット一時解除

♀を投入して3週間経ちましたので、一旦セットを解除しました。

再ペアリングをしたマツノ56番は再セットご1週間ですが、
2セット目の投入時期を合わせたいので、他の2♀と一緒に解除です。


先ずは試し割で卵を確認済みのマツノ3番53mmから…

P1000850_convert_20110520234113.jpg
ゼリーを2種類入れていましたが、
黒糖プロテインゼリーとプロゼリーを完食し、
A2L材を齧り終わりカワラ材を齧った跡がありました。

次はMK9番…

P1000849_convert_20110520234340.jpg
ゼリーは4種類入れていましたが、
黒糖プロテインゼリーとプロゼリーを完食し、すこやかを半分食べていました。


最後に再ペアリング後、投入1週間のマツノ56番です

P1000851_convert_20110520234231.jpg
ゼリーを2種類入れていましたが、
黒糖プロテインゼリーを完食し、高タンパク乳酸ゼリーを半分食べていました。
右のボロボロの材は前回セットして試し割りした名残です。
相変わらずダミー痕だらけでした…(汗)


どれも微妙な感じがしますが、6月7日に割り出しを行います。

3♀とも1週間休ませて再セットをします。

2セット目は爆卵棒を使用する予定ですが、気が変わるかもしれません(笑)

嬉しい誤差^^

前回の記事では、沢山の祝コメを頂きありがとうございました。
♂の方は、もう暫く経ってからサイズ計測を行いますが、
80mmを切りそうな感じです(汗)

個人的には、無事に羽化してくれたので大満足ですし、
来季の種親なのは変わりありません^^


今日はゼリー交換ついでにTigaさんから頂いた能勢YGの♀を
測ってみました。

P1000848_convert_20110518234305.jpg
種親は♂83.1mm、♀51mmからの早期羽化個体で46.6mmになります。

P1000845_convert_20110518234205.jpg
どう厳しく測っても47.5mmはありました…(汗)


しかし、Tigaさんの計測を修正できませんので46.6mmのままで管理します。

この♀も来季の種親として頑張ってもらいます^^


今季の久留米♀達は、20日に産卵セットを解除します。
はたして産んでくれているでしょうか?
来月の頭には「爆産!」というタイトルでブログを書きたいものです(笑)


5月19日追記…

管理票に表記されているサイズは、実サイズより小さいのは確かなようですが、
私が頂いた個体ほど大きな誤差はないという事だと認識しました。

この記事をご覧いただいた皆様、お騒がせして申し訳ございませんでした。

そして、Tigaさん、この度はご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

能勢YG♂羽化

Gullさんのブログをリンクさせていただきました。
Gullさん、よろしくお願いします。



Waizuさんから頂いた能勢YGペアですが、♂の方も無事に羽化しました。





P1000841_convert_20110513002947.jpg
我慢できずに掘り出しちゃいました…(笑)

5月6日は蛹でしたので、それ以降に羽化したと思われます。
そっと手にとって確認をしました。
♂はお尻がまだ少しだけ出ています。

サイズはWaizuさんの読みどおり80mm辺りのようですが、
もう少し固まってから計測して報告します。


その一方で♀も掘り出してしまいました(笑)

P1000842_convert_20110513003100.jpg
凄く綺麗な個体です^^


そして気になるサイズは…

P1000844_convert_20110513003250.jpg
50mmは確実にあるようです。

顎を開けばもう少しサイズアップするでしょうが、
この個体は50.0㎜とします。

来年は種親として頑張ってもらいますよ^^
特に♀には、とびっきりのお婿さんを迎える予定です!


最後になりましたが、このような素晴らしい個体をお譲りくださった
Waizuさん、この度は本当にありがとうございました。
無事に羽化させる事ができて嬉しいです^^

オオクワガタ 顎縛り

pax77777jpさんとリンクさせていただきました。
pax77777jpさん、よろしくお願いします^^


昨夜の事ですが、
リンクをさせていただいている、ともさんのブログを拝見していると
♀殺しのリスク軽減のため♂の顎を縛っている画像がありました。


「これは再ペアリング中のマツノギネス系ペアに使える!」と思い、
閉店間際のホームセンターへダッシュして結束バンドを購入してきました。


いざやってみると難しいのなんのって、結局この日は諦めました…


そして本日、帰宅早々に再チャレンジです!!
顎縛り ゴム管付き
ゴム管を結束バンドに通して、「顎の保護と抜けにくさ」を考慮してみました。
しかし、あっさりと抜けます…(汗)




もう一度、ともさんのブログを拝見して良く画像を見てみると…
抜ける原因が分かりました。
しかし、ゴム管結束バンドは、もう捨ててしまった後でした(涙)

顎縛りステップ3
ともさん!!出来ました~!!!

工程も画像に納めてありますが、元々はともさんの記事でしたので
ここでは割愛させていただきます。


これで♀殺しのリスクは無くなりました。

後は、初めて購入したこのペアに子孫を残してもらうだけです。

最後になりますが、ともさん、この度は本当にありがとうございました
NEXT≫
プロフィール

バナマロ

Author:バナマロ
静岡県在住

※ご本家か信頼のおける有名ブリーダーより生体を入手しています。
※血統や産地を大切にします。

クワ友さんの新着記事
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
リンクバナー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。