スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17℃で蛹化?

クリアボトルを買いに車で20分ほどの所にある
「太輝音ドルクス」さんにお邪魔して、
店長さんから飼育用品のことや生体の話を伺いました。

「太輝音ドルクス」の店長さんは、ビークワギネスホルダーですので
(外産は詳しくないので、名前を忘れてしまいました…)
店内には、むし社さんから贈呈された額が2つも飾ってあります。
(このうち1つは既に更新されてしまったとのこと)

この度は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
また伺いますので、お相手してください。



話は変わって、
虫家の温度を掛け始めてから虫家組の様子が気になり、
週2位のペースで実家に帰っています。
今は23℃設定ですので、まだ大丈夫だとは思うのですが
暴れが心配で…(笑)
虫家組は前回(22日)と変わりありませんでした。


一方、発泡スチロールに入れて管理(ヒーターなし)している久留米産幼虫の♀1頭が
蛹室を作って仰向けになり、いかにも蛹化準備の真っ最中といった感じでした。
昨日は暖かくて外気温が20℃あり発砲スチロール内も17℃でしたが、
それくらいでもスイッチが入る事があるのですね!


2本目交換時に10gでしたので小さく羽化してくると思いますが、
子供のころ以来の「蛹→成虫」が観察できると思うとわくわくします^^

どうか、羽化してくる成虫が、オオクワガタでありますように!!(祈)


3/2追記…

自分の勘違いかもしれませんので訂正します。
スポンサーサイト

虫家のオオクワ

冷やし虫家の設定温度を1℃上げて、22℃設定にしました。

虫家の中で7本のボトルを管理しています。

虫家

Waizuさんから頂いた能勢YG(向かって左の前後2本)
能勢YG暴れ用のAG(向かって右前列の2本)
久留米産(蓋にラベルが貼ってある3本)

久留米産を3頭入れているのは、常温管理組(発泡スチロール内16℃)との
違いを比較するためです。

能勢YGの幼虫はボトル側面から確認できますが、♂♀ともに元気なようです^^
♂は上の方(ラベル左上の横)に来ていますが、劣化や暴れも無いのと
交換ショックで縮むのが恐いので、そのままにしています。

2011年は久留米、2012年は能勢YGと隔年ブリードをする予定ですので、
2012年の種親として無事に羽化してきて欲しいですね。

地下室チェック~加温開始~

以前の話になりますが、10日に地下の様子を見に行ってきました。

外気は7℃、室温は15℃弱でした。

早速、ボトルチェックを一通り行いましたが、
冷やし虫家の中に入っている能勢YG幼虫ペアと久留米産の幼虫4本は
劣化はまったくと言って良いほど見られていません。
しかし、常温管理しているボトルはキノコの発生や劣化が目立ちました。

やはり温度変化が大きいと菌糸にも影響が出るのが良く分かります…(汗)


これまで虫家の設定は20℃(温度計で19℃)でしたが、設定を1℃上げ
いよいよ蛹化に向けた加温を開始しました。
家族が2~3日に1度のペースでボトルと虫家のチェックと扉の開閉を
してくれていますので安心していられます。


また、先月に詰めたAGですが、

AG完成
真ん中に空気穴を開けていなかったので少し不安でしたが、
1月23日に詰めたAGは綺麗に廻っていました。

そして…
最近では記事にする気にもなれないので触れていませんでしたが、
久留米産の幼虫たちは全く大きくなっていません…(涙)
理由は幾つかありますが、それは自分が良く分かっています。

温度管理が出来ていなかった事、ボトルに触りすぎてしまった事、
オークションで購入したために割り出しからボトル投入まで期間が
1月開いてしまった事、菌糸選択など…

しかし、一番の原因は自分自身にあると思っていますので、
来年は同じ事を繰り返さない様に、恥を忍んで記事に残しておきます。

追記…
これらの久留米産幼虫達は、無事に羽化したら子供たちの元に旅立っていきます。
お陰さまで貰い手の目処がつきました^^

2011年は7ライン60頭

ポチさんとリンクをさせていただきました。
ポチさん、よろしくお願いします^^


ニュースでは大雪に関する予報が出ていますが、
こちら静岡県伊豆地方は雨が降っています。
やっぱり温暖な地域なのですね^^

度重なる大雪で大変な苦労をされている方もいらっしゃると
思いますが、くれぐれもお気を付け下さいね^^


さて、来季は久留米産のみをブリードします。
順調に行ったとして、自己ブリ3ラインとクワ友さん達との
幼虫トレード4ラインで計7ライン60頭強の飼育となります。
7ラインもいると楽しみも増えますね^^

トレードしていただける皆様、ありがとうございます。


自分の飼育分は、当初の予定ではMAX60頭でしたのでオーバーです…(汗)
というわけで、今以上の幼虫トレードについては辞退させていただきますので
どうか御容赦ください。


すでにドルクスルームさんで産卵木は購入済みですので、
1回目の産卵セットは産卵木、2回目は菌床産卵で
何とか自分の飼育分とトレード分は確保したいですね^^

目標は、
メルリン9番インライン  (82×52)…20頭
メルリン9番×マツノ3番 (82×53)…25頭
マツノ39番×マツノ56番(78×51)…15頭

決して難しい数字ではないような気はするのですが、
先輩方のブログを拝見しているとブリード失敗するラインもあるようですので、
6月に冷や汗をかかない様に、
そしてヒューマンエラーだけはしない様に準備しておきます。

ブログの振り返り

インフルエンザで5日間の出勤停止でした。
熱が下がって体が楽になってから時間を持て余していましたので、
ノートPCを枕元に置き、これからのブリードに向けた計画の見直しや
自分のブログを読み返していました。


ブログ記事は酷い位にブレまくっていて、
該当する記事は消してしまおうか?と思った位です。
(読んでいて、自分で笑ってしまいました)
そして、「これからは余計な事は書くのをやめようか?」とも思いました。

しかし、拘りである「久留米産と能勢YGのみをブリードする」、
種親は御本家・ショップ・有名ブリーダーから入手する」という事だけは
ブレていませんし今後もブレないと思いますので、
その他の事は「自分のスタイルを創っていくための過程ということで、
結果的にブレたとしても書いていこう
」という結論に達しました。

ですから、この件に関しては「バナマロの覚書」程度に思っていただけると幸いです。

NEXT≫
プロフィール

バナマロ

Author:バナマロ
静岡県在住

※ご本家か信頼のおける有名ブリーダーより生体を入手しています。
※血統や産地を大切にします。

クワ友さんの新着記事
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
リンクバナー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。