スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年ブリード羽化報告とご挨拶

大変ご無沙汰しております。
オオクワブリード以外は公私ともに順調で元気にしております。

オオクワブリード最終年となる2015年ブリード個体の羽化がほぼ終了しましたが
結果から言いますとマイギネスの87.2mmを更新することはできませんでした。

15-860_convert_20160724140040.jpg
872-479
6/26 M8 初令投入
10/2 S4  31.9g
1/2  C63 34.3g
6/上  羽化確認

最期のブリードに華を添えてくれたのは、ともさんからお譲りいただいた最少♀でした。
ともさん、いつも助けていただき有難うございます。



手元に残っている♂はこの86mmと他に2頭で♀は56mmを筆頭に10頭程度です。
冷やし虫家08、DX等の飼育用品等と同様に折を見てヤフオクに出品予定ですがメールフォームからでも対応させていただきます。
尚、クワノギスと冷やし虫家TFは行き先が決まっていますのでお譲りはできません。


平成22年からオオクワガタの飼育を始め6年が経とうとしています。
思い返せばオオクワブリードを通してyasukongさんやBKBのお二方を始め色々な方と出会いがあり刺激を沢山いただきました。
もちろん嫌な事もあったかと思いますがそれ以上に楽しい事の方が多かったというのが素直な気持ちです。
全ての皆様に感謝申し上げます。
本来でしたらリンクしていただいている一人ひとりの所にお礼とご挨拶に伺うことが筋でしょうが
どうかご無礼をお許しください。
また陰ながら更なる大型個体が羽化するよう願っております。

スポンサーサイト

いろいろありました

その1・・・27℃設定にしてあったはずの冷やし虫家が3台とも20℃に
一週間前にチェックしていたので、最長でも1週間20℃になっていました。
まあ、このくらいなら大丈夫かな?

その2・・・冷やし虫家3台のうち1台が故障し庫内がサウナ状態に
14頭が★に・・・。
申し訳ないことをしました。

その3・・・故障した1台の代わりに予備用に購入してあった中古TFが故障
2週間の稼働で、まさかの故障・・・。
新品買っておけばと後悔先に立たず(笑)

その4・・・菌糸の劣化
S4はまだ何とか大丈夫だったが、S8M(S3M+S5)の品質のムラがあった。
修正してもらえるとありがたいですが、2本目の状態で考えます。
湿度は管理できていたんですけどね。

その5・・・2015年ブリードの羽化をもって、ブリードを辞めることに
BKBのお二方、yasukongさんには報告させていただきました。
2016年ブリード用にキープしている種親は、折をみてヤフオクに出品します。
2014年飼育データの種マーク個体)
87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番・86.9mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番は手元に残しておく予定です。(もちろん使用済み♀も)

その6・・・悪いことばかりではなく
9/18と10/2に2本目への交換をしました。
9/18交換組は散々でしたが、10/2組からは良いラインが出てきてくれました。
4番・・・12頭
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  52.5mm(85.7×53.4)ともさんブリード個体
   ※♀は強制早期羽化
35g台を筆頭に他のラインより明らかにデカい!
このような環境でよくぞ出てくれました。
ともさん!ありがとうございます!!

まだ月末に交換しますので、全て交換してから管理票はアップします。

2015年ブリードは83頭です

今年も産卵に苦戦しましたが、飼育上限の90頭に対して83頭の幼虫を確保できました。

クワ友さんの所に里子をしていますので、実際には109頭の幼虫が採れたことになります。
13♀を産卵セットに投入して109頭とは・・・。
まだプリンカップで管理している卵があるので、もしかしたら増えるかもしれませんが孵化しない可能性の方が高いと思います。

改めて、2015年ブリードラインです。

1番・・・9頭
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  54.4mm(82.2×53.0)自己ブリ2013年4番

2番・・・12頭
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  54.1mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番
 
3番・・・7頭
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番 
  50.2mm(84.2×52.7)BKBコラボ2014年八番
   ※♀は強制早期羽化

4番・・・12頭
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  52.5mm(85.7×53.4)ともさんブリード個体
   ※♀は強制早期羽化

5番・・・7頭
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  47.9mm(85.2×53.0)ともさんブリード個体
   ※♀は早期羽化

6番・・・3頭
  86.9mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番
  54.0mm(87.1×51.8)ワイドカウさん13YGA4

7番・・・22頭
  86.9mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番
  52.4mm(82.5×50.5)waizuさん2013年10番

8番・・・10頭
  84.2mm(83.7×53.4)yasukongさん1210
  55.0mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番

9番・・・1頭
  83.5mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  51.4mm(80.6×50.4)自己ブリ2013年6番

2014年ブリード余品をアップしました。
去年より小さな個体ばかりですが、血統背景は折り紙つきです。
詳しくは能勢YG 余品についてをご覧ください。

2015年ブリードライン確定

ブリードラインが確定しました。

後は、孵化状況と最終セットの3番・6番が割出し待ちなので総数は確定していません。
採れなかった♀に関しては、再ペアリングや手法を変えての再セットなど出来ることはやりましたので、仕方ないと諦めました。

1番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  54.4mm(82.2×53.0)自己ブリ2013年4番

2番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  54.1mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番
 
3番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番 
  50.2mm(84.2×52.7)BKBコラボ2014年八番
   ※♀は強制早期羽化

4番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  52.5mm(85.7×53.4)ともさんブリード個体
   ※♀は強制早期羽化

5番・・・
  87.2mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  47.9mm(85.2×53.0)ともさんブリード個体
   ※♀は早期羽化

6番・・・
  86.9mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番
  54.0mm(87.1×51.8)ワイドカウさん13YGA4

7番・・・
  86.9mm(84.9×51)自己ブリ2013年3番
  52.4mm(82.5×50.5)waizuさん2013年10番

8番・・・
  84.2mm(83.7×53.4)yasukongさん1210
  55.0mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番

9番・・・
  83.5mm(84.9×52)自己ブリ2013年2番
  51.4mm(80.6×50.4)自己ブリ2013年6番


過去最高の布陣で2015年ブリードをスタートします。

2セット目の割出し

昨日、2セット目の割り出しを行い、幼虫48頭+卵8個を回収しました。
これで1セット目と2セット目を合わせて幼虫だけで95頭ですから、何とか予定数を確保する事はできました。

また、半ば諦めていた4-Lから幼虫1頭に卵1個が採れましたので、ドルクス工房鍬さんでカワラ材を購入し、4セット目に投入しています。
1セット目はカワラ材で空砲ラッシュ、再ペアリングしグリードSL産卵ケースで産む気配がなく、自作バクテリア材で確保という経過でしたが、それにしても我儘な娘です(笑)
残したいラインなので、もう少し粘ります。
果たして「産まぬなら産ませてみせよう・・・」を体現できるでしょうか?


さて、以前より「謎のペアリング」と称して勿体ぶっていた♀達も我が家のエース87.2mmとペアリングをして幼虫を確保できました。
補強時にブログにアップしなかったのは、12月と1月羽化♀なので幼虫を採る自信がなかったから。
私の飼育環境やスキルはトップブリーダーさんより劣るのは自覚しているので、生体のせいにするのは後回しにしたいのです。

それでは、個体証明書をもって紹介させていただきます。



b_dan_uechan-img600x397-1430495948pnfq8515975_convert_20150622211913.jpg
※血統構成図の使用許可は、お譲り頂いたともさんにご快諾いただいております。

特に52.5mmは、88.1mmの同腹♀を母に持ち、ともさんが最後まで種親候補として残していた♀とのことでしたので、期待度はかなり高いと思います。
20頭の幼虫を確保できました。

その一方で47.9mmは、サイズこそ小さいものの血統背景は52.5mmに引けをとらないと思います。
何といっても、マサレッドさんのブログでアップされた時の♂親85.2mmの衝撃と、その85.2mmが、ともさんの所に渡ると知った時の記憶はしっかりと覚えています。
8頭の幼虫と6個の卵を確保できました。



2セット目で採れた幼虫のうち数頭ずつクワ友さん達の元へ里子として送ります。
幼虫販売ではありませんので、お問い合わせなきよう宜しくお願い申し上げます。

今組んでいる最終セットで採れすぎたら「販売のお知らせ」をさせていただくかもしれませんが、
その可能性は限りなく0に近いと思います。
何しろ「採れすぎて困った」例が過去に一度もありませんので・・・(笑)
NEXT≫
プロフィール

バナマロ

Author:バナマロ
静岡県在住

※ご本家か信頼のおける有名ブリーダーより生体を入手しています。
※血統や産地を大切にします。

クワ友さんの新着記事
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
リンクバナー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。